ほう、やるな吉田カバン。という気分。

P1010005_1

今日、吉田カバンから修繕上がりの荷物が到着。

先日まで使用していた財布です。使いやすかったが1点だけ問題あり。カードを入れるポケットの内側に鋲の裏側が露出しており、カードの表面を傷つけていた。

メーカーサポートに今後改善をした方がいいんじゃない?とメールで報告。

すぐ無料で修繕するので着払いで送って欲しいとのこと。それではと素直に送ると、数日で返送されてきたわけ。

その鋲の裏にシールでも貼るのかと思ったら、内ポケットの向きを変えるなど、全面的な仕様変更。こりゃバラバラにして、作り直したなという感じ。
手間、コストを考えれば、同等の別商品と交換の方が全然安いはず。

確か吉田カバンは下町の職人さんたちを抱え、国内生産にこだわっていると聞く。
こういううときは職人さんと相談して、
「じゃ、こうしよう!」という光景が目に浮かんだ。

今どきじゃない感じが、なんかかっこいいね。

クレーム(じゃないけど)対応がファンづくりにつながる、とはよく聞くけど、こういうことなんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です